注染・長板染め

伊勢型紙

伊勢型紙
伊勢型紙について

サンプルイメージ

伊勢型紙は、ゆかたや小紋などの柄や文様を着物の生地を染めるのに用いるもので、千年以上の歴史を誇る伊勢地域に伝わる伝統的工芸です。
昭和58年には当時の通商産業大臣より伝統的工芸品の指定を受け、同時に何にも人間国宝の職人さん達を輩出してきました。 浜松の注染染めを行う際にはこの伊勢型紙が使われることが多く、伊勢型紙そのものもその製造工程の大部分を手仕事が占めています。


ページトップへ戻る